治すには自分を責めないことや社会を責めないこと

便利な相談方法

院内

家に居ながら相談できる

うつ病患者はとても増えてきていると言われています。診断されたわけではないものの、発症している人は居るかもしれません。自身がうつ病かもしないと感じながらも心療内科を受診することに抵抗を感じる人はたくさん居ます。このような場合にはどうしたらいいのかというと、無料の電話相談を利用すればいいのです。最近は心療内科や精神科にこのような相談場所を設けているところが増えてきています。うつ病を発症している人の中には引きこもりがちな人も少なくありません。家から出ることが第一関門となります。病院に行きたくても行けないというのなら、なかなか治療をすることもできません。そこで、無料の電話相談を利用するというわけです。当人ではなく家族が相談することもできます。わざわざ受診することなく電話で相談できるのはとても効率的です。特に病気のせいで引きこもりになっている人は、電話くらいしか専門医に相談する場所がありません。まずは相談してみることをおすすめします。当然、電話だけでは適切な薬を処方することはできません。最終的には受診することになるのですが、その取っ掛かりを作る場として電話を利用することは有効的です。それに当人以外でも気軽に相談できるところが便利です。

うつ病の人は程度が重いと自力で病院を訪れることができません。家族が無理に引っ張っていくということがあります。しかし、無理をするとかえって症状が重たくなってしまうことがあるので危険です。そこでおすすめなのが、無料の電話相談の活用です。最近は多くの心療内科や精神科でこのような場を設けています。電話なら身内が代理でかけることもできるのでとても便利です。もちろん、受付時間が決まっています。24時間いつでも電話対応をしているわけではないので、その点は確認してから電話をしましょう。また、フリーダイヤルなどの専門ダイヤルが設けられていることがあります。決まりごとをきちんと把握した上で利用しましょう。うつ病ではなくても無料の電話相談を利用することは可能です。自身がうつ病かどうかは診断することができないからです。引きこもりがちになってしまったり、仕事に行きたくなくなってしまったりというような状態が続くようなら相談してみましょう。早急に相談することで改善策が見つけられるかもしれません。また、電話だけでは分からない点もあります。何度か主治医と電話でやりとりをして受診を勧められることもあるため、その時にはいさぎよく受診して治療を開始しましょう。

Copyright© 2019 治すには自分を責めないことや社会を責めないこと All Rights Reserved.