治すには自分を責めないことや社会を責めないこと

費用がかからない方法

困っている人

専門家に相談しよう

うつ病かどうかは自分で判断することは難しいものがあります。しかし、周りから言われたり、何らかの症状が出てきたりしているのならその可能性も否定できません。とは言え、すぐに心療内科や精神科を受診するという気持ちになれないこともあるでしょう。そんな時には、無料の電話相談を利用することをおすすめします。最近は多くの心療内科や精神科で、無料の電話相談を設けているのです。もちろん、うつ病だと判断されればすぐに治療が始まります。この場合は電話で治療をすることはできないため、通院治療となることでしょう。電話で相談している間は無料なので、あまり費用をかけたくないという人にとって最適です。通院治療となれば通院のための交通費と薬物治療などの治療代がかかります。薬は人によって処方されるものが異なるため、だいたいいくらとは言えません。治療する期間もそれぞれ異なります。通常、診療代と薬代で毎回3,000円程度はかかると見込んでおきましょう。当然、保険適用となります。それに症状が緩和されてくれば薬も通院頻度も減っていくので、もう少し費用も抑えられるようになります。あとは評判のいい心療内科や精神科を選ぶことが大切です。相性の合わない主治医とでは治るものも治らないからです。

うつ病といっても細かく分けるといろいろな種類があります。これは素人では判断できません。まず、うつ病かどうか判断するためにも心療内科もしくは精神科を受診してみましょう。受診することに抵抗があるのなら、最初は無料の電話相談を利用してみるのもいいかもしれません。うつ病の治療は無料の電話相談でできるわけではないものの、多少はスッキリした気持ちになれることもあります。まずは相談してみることが大切です。無料の電話相談は患者本人ではなく、その身内などが利用することもできます。そんな点がとても便利です。家族にうつ病かもしれない人がいるということなら、一度、電話で相談してみるのもいいでしょう。そして、最終的には受診し、病気だと診断されれば治療開始となります。最近は躁うつ病という鬱と躁が交互に現れる人が多くなってきています。この場合、処方される薬も違ってくるのでじっくりと主治医との相談が必要です。処方される薬はいろいろと試すことになります。合うものが見つかるまではたくさん処方されることも少なくありません。次第に適切なものが見つかれば薬の頻度も少なくなっていきます。薬いらずとなれば日常生活にも支障がなくなることでしょう。職場復帰できる日もそう遠くありません。

Copyright© 2019 治すには自分を責めないことや社会を責めないこと All Rights Reserved.